クリーニング

福島でヘルノのダウンクリーニングはあのお店がおすすめである4つの理由

この記事はこんな方におすすめ

  • 福島県内でヘルノのダウンクリーニングのおすすめのお店を知りたい方
  • 料金は気にしないので安心して任せられるお店をお探しの方
  • ヘルノダウンの受け取りを拒否されて困っている方
  • ヘルノダウンのボリュームが減るのが怖い方
  • ヘルノダウンの修理や色補正が必要な方

逆にこんな方にはおすすめできません

  • できるだけ安くクリーニングしたい方
  • 早くクリーニングしてほしい方

あなたはこんなでお悩みまたはこんなご要望はありませんか?

「ヘルノダウンクリーニングのおすすめのお店が知りたい」

「ヘルノダウンのボリュームが減るのが怖い」

「ヘルノダウンをクリーニング店に持っていったら断られた」

「ヘルノダウンが色あせまたは脱色してしまったので染色してほしい」


ヘルノのダウンは高額ですし大切にしてきたものなら安心できるお店に出したいですよね。

また、ヘルノのダウンは高額で扱いが難しいのでうちではできないと断られることもあるでしょう。


その他、ヘルノのダウンを使っていて脱色や変色が目立ってきたので色補正をしてほしいという場合もあるかもしれません。


当ブログでは、そんなあなたのお悩みやご要望にお応えするお店をご紹介いたします。

実は、以前私はそのお店に取材にお伺いしたことがあります。

ですので当記事では、取材の内容も含めヘルノダウンクリーニングがうまいお店についてお話しします。

普段大事にしているヘルノのダウンをどこに出していいかわからないあなたにご満足いただくために記事を書きました。

是非、ご覧ください。


福島のヘルノダウンクリーニングはPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめ!

PROSHOP HIRAISHIYAはこんなお店


  • 二本松市にある
  • 創業75年の老舗
  • 創業者は平石さん(お店の由来?)
  • 現在の代表は渡邊社長
  • クリーニングの実績は通算50,000着以上
  • 厚生労働省認可のお店

福島県でヘルノダウンクリーニングのお店をお探しのあなたにはPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめいたします。

PROSHOP HIRAISHIYAは二本松市にある創業75年の老舗クリーニング店です。

平石さんという方が1942年にドライクリーニング平石屋というお店を始めたのがPROSHOP HIRAISHIYAの始まりだそうです。

HIRAISHIYAの由来はこの方のようですね。

現在は4代目の渡邊社長が代表を務めておられます。


創業75年というだけあって、クリーニングの実績も50,000件です。

実際に私が取材にお伺いしたときに多数のダウンがお店にありました。



モンクレールにカナダグース、タトラスにノースフェイスそれにウールリッチ・・・

実に様々な種類のダウンがお店にありました。

また、PROSHOP HIRAISHIYAにはインスタグラムのアカウントがあります。

PROSHOP HIRAISHIYAのインスタ投稿を見たら、ヘルノダウンも数多く扱っている様子がうかがえました。

https://www.instagram.com/p/CNqORD2gY6a/


多くのダウン愛好家の方々から信頼されている証拠ですね。



このように多くのダウン愛好家の方々から信頼され実績を積んできたPROSHOP HIRAISHIYAですが、クリーニングは経験26年のクリーニング師(国家資格)が担当しているそうです。

さらに、PROSHOP HIRAISHIYAは厚生労働省認可店だそうです。


実績が多数あり、国家資格保有者のベテランさんがクリーニングしているので、厚生労働省から認可されるのもうなずけますね。


こんな人にはPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめできない


信頼と実績のPROSHOP HIRAISHIYAですが、デメリットもあります。

そしてそのデメリットにひっかかる方にはおすすめいたしません。


どんな方におすすめできないかといえば、


  • できるだけ安くヘルノダウンをクリーニングしたい方
  • ヘルノダウンを早く仕上げてほしい方(急いでいる方)


です。


PROSHOP HIRAISHIYAには信頼と実績があることは先ほど見てきた通りです。

ですが、PROSHOP HIRAISHIYAのヘルノダウンクリーニングの料金は福島県内の他のクリーニング店と比べると高額です。

具体的にPROSHOP HIRAISHIYAとほかのお店の料金に差があるのか比べてみましょう。

(ほかのお店を仮にA店B店などとします。実在するお店ですがぼかしています)

 
店名(社名)1着当たりの料金
A社2,500円
B社2,000円
C社1,890円
D社3,135円
PROSHOP
HIRAISHIYA
8,250円


一般のクリーニング店のヘルノダウンクリーニングの料金はだいたい2,000円~3,000円前後です。

それに対し、PROSHOP HIRAISHIYAのヘルノダウンクリーニングの料金は8,250円です。

一般のお店のおよそ3倍程度の料金といったところでしょうか。

安さを重視するならPROSHOP HIRAISHIYAはおすすめできません


PROSHOP HIRAISHIYAのもう一つのデメリットとしてほかのお店と比べて時間がかかる場合があります。

理由は後で説明しますが、PROSHOP HIRAISHIYAは時間が少し多めにかかる場合があるので急いでいる方にはおすすめできません


福島県内では料金が高いPROSHOP HIRAISHIYAでヘルノダウンクリーニングするのは損?


福島県内の他のクリーニング店と比べて、PROSHOP HIRAISHIYAのヘルノダウンクリーニングの料金は高いというのは先ほど見てきた通りです。

では、PROSHOP HIRAISHIYAでヘルノダウンクリーニングすると損をするのでしょうか?


いいえ。あえて料金の高いPROSHOP HIRAISHIYAを選ぶことで満足が得られるというのが当ブログの主張です。

なぜ、PROSHOP HIRAISHIYAを選んだほうが満足できるのか、理由をご説明したいと思います。


料金が高くてもPROSHOP HIRAISHIYAを選んだほうがいい理由

料金がほかのお店より高くても当ブログではPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめしています。

それはなぜか?

質のいいサービスにはそれ相応の対価が必要だと当ブログでは考えているからです。

ヘルノダウンクリーニングともなると、安物の衣類をクリーニングするのとはわけがちがいます。

ヘルノなど高級ダウンはデリケートで扱いが難しい衣類です。

金額も高額であるため、クリーニングを担当する職人さんには相当なプレッシャーがかかります。

高価なヘルノダウンをお持ちでおしゃれなあなたはクリーニング店から見れば良質な顧客です。

そんな良質な顧客であるあなたを満足させなければならないのだから、職人さんにかかるプレッシャーが相当なものであるというのは容易に想像できます。

これだけプレッシャーがかかるのに得られる対価が少なかったらどうでしょう?

職人さんもやってられなくなり、結果としてクリーニングの質も下がるでしょう。


豪邸を建てるにも高級車を製造するにもそれ相応の金額がかかります。

経費を削って豪邸ではなく欠陥住宅になったり、欠陥車になったら話にならないですよね。

ヘルノダウンのような高級クリーニングもまたしかりです。

質のいいクリーニングにはそれなりの金額がかかり、またそれなりの金額がかかるからこそ質のいいクリーニングをしてもらえるわけです。


PROSHOP HIRAISHIYAのヘルノダウンクリーニングの料金がかかるのは、あなたが良質な顧客であるということのあらわれでもあるのです。


PROSHOP HIRAISHIYAがほかのお店よりも高い理由そして高くてもPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめする理由について納得していただけましたでしょうか?

福島県のヘルノダウンクリーニングはPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめな4つの理由

出典:PROSHOP HIRAISHIYA(インスタグラム)


まだこのページを開いているということは、PROSHOP HIRAISHIYAが多少高額でも利用すべきということについてご納得いただいたようですね。

ご納得いただいたところで、PROSHOP HIRAISHIYAのおすすめポイントについてお話しさせていただきたいと思います。


福島県のヘルノダウンクリーニングはPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめ。

これが当ブログの主張です。

なぜPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめなのか、深堀してまいりたいと思います。


実績に裏打ちされた確かな技術力

出典:PROSHOP HIRAISHIYA(インスタグラム)

PROSHOP HIRAISHIYAのヘルノダウンクリーニングには実績に裏打ちされた確かな技術力があります。

先ほど、PROSHOP HIRAISHIYAは75年の老舗で通算50,000着のクリーニング実績があるとお話しをしました。

ヘルノをはじめとするダウンジャケットクリーニングに関しては、職人さんが年間約7,000着以上こなしてきたそうです。

ヘルノダウンも含め、高級ダウンクリーニングの実績については申し分ないですね。


実績に裏打ちされた技術力を具体的に見ていただきましょう。こちらをご覧ください。

出典:PROSHOP HIRAISHIYA


こちらの写真は3種類の汚れを一般のお店のやり方とPROSHOP HIRAISHIYAのやり方でクリーニングした場合の比較写真ですね。

汚れの種類は上から順に水溶性油溶性不溶性の汚れですね。


水溶性の汚れとは、読んで字のごとくとなりますが水に溶けやすい汚れのことです。

汗やお茶、ワインなどが挙げられます。


油溶性の汚れとは、これも読んで字のごとくですが油に溶けやすい汚れのことです。

食用油や口紅などが挙げられます。

不溶性の汚れとは、水にも油にも溶けにくい汚れのことです。

インク、墨汁、ガムなどが例として挙げられます。


この写真では、3種類の汚れ一般のクリーニング工法で洗浄した場合とPROSHOP HIRAISHIYAの工法で洗浄した場合の汚れの落ち具合が比較されています。

一般のお店で行われているドライクリーニング工法は石油系溶剤を使った洗浄方法です。

水を使わず溶剤で洗浄することからドライクリーニングと呼ばれています。

水溶性の汚れは水を使わないドライクリーニングでは当然のことながらなかなか落ちないですね。

一方、ウェットクリーニングを使った工法では水溶性の汚れがきれいに落ちています。洗浄率は99.2%です。

ウェットクリーニングは文字通り水を使った洗浄方法です。

水を使った工法なので、当然のことながら水溶性の汚れには効果があるわけですね。


油溶性の汚れを見てみると、意外にも油に溶けやすいはずの油溶性の汚れがドライクリーニングで落ち切っていないですね。

いくら油に溶けやすいといっても水を使わない洗浄方法には限界があるということでしょうか。

この油溶性の汚れもPROSHOP HIRAISHIYAのウェットクリーニング工法できれいに取れてしまいます。洗浄率は98.2%です。

一般の工法とは洗浄率に大きな差がありますね。


不溶性の汚れについてみてみると、ドライクリーニングではほとんど落ちていません。

ちょっとマシになった程度でしょうか。

これをPROSHOP HIRAISHIYAのウェットクリーニング工法で洗浄すると半分程度汚れが落ちました。

ドライクリーニングに比べてだいぶ落ちてますね。洗浄率は48.9%です。

ただ、不溶性の汚れというだけあって油にも水にも溶けないためウェットクリーニングだけでは落とし切れないですね。

PROSHOP HIRAISHIYAではこういったウェットクリーニングで落とし切れない不溶性の汚れに対して有料染み抜きを承っているようです。


写真にてPROSHOP HIRAISHIYAのクリーニング工法についてみてきましたが、PROSHOP HIRAISHIYAの技術力が具体的に見て取れたのではないかと思います。

ダウンクリーニングならHIRAISHIYA


宅配を利用するので福島県内のどこからでも利用可能

先ほど、PROSHOP HIRAISHIYAが二本松市にあると聞いてあなたはこう思いませんでしたか?

「二本松?遠くない?」

「この人、福島県の市町村をどこも同じだと思っているのかな・・・」

確かに私自身、東京都民で福島県内の地理に明るくありません。

ですが、会津若松市や南相馬市、白河市などから二本松市まで歩ける距離でないことはわかります。

取材にお伺いしたときに、新幹線で郡山まで行って在来線に乗り換えて二本松まで行きましたからね。(たしか東北本線でしたかね)

少なくとも、郡山市内から二本松まで歩ける距離でないことは体感的に分かっているわけです。

そのことを分かったうえで、福島県民のあなたにPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめしているのです。

実は、福島県内のどこに住んでいようともPROSHOP HIRAISHIYAを利用することができます。

なぜなら、PROSHOP HIRAISHIYAは宅配クリーニングだからです。


あなたは宅配クリーニングというのをご存じでしょうか?

文字通り、宅配サービスを利用したクリーニングです。

先ほど、PROSHOP HIRAISHIYAはほかの店より時間がかかる場合があるというデメリットがあると言いました。

その理由は宅配を利用するため、交通状況により遅れる場合があるということだったのです。

時間がかかる場合があるというデメリットはあるものの、宅配サービスはメリットが大きいです。

宅配クリーニングはヘルノダウンをお店に出すときも仕上がりを受け取るときも自宅でできて便利などのメリットがあります。

ですが、いきなり宅配クリーニングと言われてもピンとこないかもしれませんので、宅配クリーニングとはどのようなものか、一般のクリーニング店との違いも踏まえつつご説明いたします。


宅配クリーニングと一般のクリーニングの違いについて

宅配クリーニングとは、文字通り宅配便を利用したクリーニングのことです。

一般のクリーニング店とは色々な違いがあります。

ひとつずつ見てみましょう。

注文方法の違い

まず、宅配クリーニングと一般のクリーニング店では注文の仕方が違います。

注文方法を比較することで宅配クリーニングにどんなメリットがあるか両者を見比べてみましょう。


宅配クリーニングで注文する場合

宅配クリーニングはWeb注文ですので、スマホやパソコンなどで24時間いつでも注文できます

日中は仕事などでなかなかお店に行けない方、家事やご家族の面倒等でお店に行けない方にとっては非常に便利ですね。

クリーニング店で注文する場合

クリーニング店はどこの店でも営業時間が決まっています。

例えば、営業時間が10:00~19:00だった場合、その時間内にお店に行かなければならないのです。

仕事でその時間はお店に行けない方、家事などでお店に行けない方にとっては不便ですね


東京の都心部でも24時間営業のクリーニング店は聞いたことがありません。

どんなに栄えている街であっても、クリーニングに出すには営業時間までにお店まで行かなければなりません。

宅配クリーニングの場合、スマホさえあれば24時間いつでもどこにいても注文できます。(もちろん、ネットが使える環境というのは大前提ですが)

これは一般のクリーニング店にはないメリットと言えるでしょう。

クリーニングの出し方の違い

クリーニングの出し方についても、宅配クリーニングと一般のクリーニング店では大きく違います。

そして、その違いにより宅配クリーニングのメリットが際立ちます。

具体的に両者を比較してみましょう。


宅配クリーニングで衣類を出す場合

宅配クリーニングの場合、指定の日時に宅配業者が家に来てくれます。

宅配業者に衣類を渡せばそのままクリーニングする工場に送ってくれます。

家から一歩も出ずに衣類をクリーニングに出すことができます。

普通のクリーニング店に比べると非常にラクですね。

お店に行く手間が省けるので、その分家事や趣味、仕事などに時間を使えます。

クリーニング店に衣類を出す場合

一般のクリーニング店の場合、クリーニングに出す衣類は自分で店までもっていかなければなりません。

高級ブランド衣類を何着もお店に持っていくのは手間ですね。

仕上がりの衣類の受け取り方の違い

クリーニングに出すときもそうですが、受け取りの時も宅配クリーニングと一般のクリーニング店には違いがあります。

具体的に違いを見てみましょう。

宅配クリーニングの場合

宅配クリーニングの場合、クリーニングが仕上がったら、宅配業者が衣類を直接家に持ってきてくれます。

お店に受け取りに行く必要がないので、クリーニング店が家の近くにない方にとっては時短になり大変助かるのではないでしょうか。

クリーニング店の場合

クリーニングが仕上がった衣類は自分で店まで取りに行かなければなりません。

高級ブランド衣類を何着も抱えて持って帰るのはかなりの手間ではないかと思います。


クリーニング店の伝票をみて、衣類の受け取りに行く日が近づいた。

また時間をかけてお店まで衣類を取りに行かなければならない。

お店の伝票を眺めながらそんな憂鬱な気分になった経験をあなたもお持ちなのではないでしょうか。


宅配クリーニングを利用すれば、そんな憂鬱な気分になることはありません。

仕上がり後に宅配業者が衣類を持ってきてくれます。


いかがでしょうか。

宅配クリーニングは家から遠いお店を利用できるだけでなく、一般のお店と比べて多くのメリットがあることがご理解いただけたかと思います。

全国初!ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】


乾燥に時間をかけるのでダウンがふっくら仕上がる


PROSHOP HIRAISHIYAでは、ダウンジャケット・コートの乾燥に手間暇かけています。

まずはこちらをご覧ください。

出典:PROSHOP HIRAISHIYA

これは一般のクリーニング店とPROSHOP HIRAISHIYAがダウンを乾燥させるとき、どのくらいダウンのボリューム回復に差が出るか比較した写真になります。

まず、上の写真は丸洗いや湿気で損傷した羽毛です。

一般のクリーニング店では設定温度が75度乾燥時間が45分です。

ご覧の通りこの乾燥方法ですと、70%程度の塊が残る状態になってしまいます。


一方でPROSHOP HIRAISHIYAでは、設定温度を45度にして乾燥時間に150分(2時間半)かけています。

元の写真と比べて塊がなく羽毛がすっかり回復しているのが見て取れるかと思います。


下のほうの写真は圧縮袋や保管で損傷した写真です。

一般のクリーニング店はこの損傷した羽毛を設定温度75度にして乾燥時間に45分かけています。

その結果、60%程度の塊が残る状態となっております。



一方のPROSHOP HIRAISHIYAでは、設定温度を55度にして120分(2時間)かけて乾燥しています。

一般のお店と違い塊がなく羽が回復した状態であることは、写真にある通りです。

なぜ、一般の店とPROSHOP HIRAISHIYAでここまで違いが出てくるのでしょうか?

それはそれぞれの手間の掛け方に違いがあるからです。


ご覧の通り、一般のクリーニング店では設定温度が75度と高めです。

その分時間がかからず早く乾燥を終えられます。


一方でPROSHOP HIRAISHIYAの設定温度は40~55度と低いです。

乾燥も120~150分かかります。

これは一般のクリーニング店の3倍かそれ以上の時間ですね。


なぜPROSHOP HIRAISHIYAではそんなに長い時間かけて乾燥を行うのでしょうか?

渡邊社長によると、低温で乾燥させるとその分時間がかかるが、衣類の負担を考えてあえて低温で乾燥させているのだそうです。

実際に取材にお伺いしたときに、乾燥機の設定温度を拝見すると


設定温度が40度になっていました(あくまで設定温度なので実際の温度に若干の誤差がある場合があるそうです)


一般のクリーニングでは、高温でダウンを乾燥させたほうがその分早く仕上がり受注したダウンをたくさんさばけるのでみんなそうしているのだと渡邊社長はおっしゃっていました。


ですが、PROSHOP HIRAISHIYAではあえて楽な方法は選ばず手間暇かけて長時間低温でダウンを乾燥させています。

渡邊社長は非効率的だと自虐的におっしゃっていました。

ですが、この非効率的な乾燥方法こそPROSHOP HIRAISHIYAの強みであると私は考えます。

時間はかかるかもしれませんが、お客様に満足していただきたいからこそPROSHOP HIRAISHIYAでは手間暇かけてダウンを乾燥してくれています

その結果、傷んだダウンがふっくら仕上がりお客様の満足につながっています。


仕上がりは早いけど、完全にヘルノダウンがふっくらしないお店。

時間はかかるけど、お客様のことを第一に考えてヘルノダウンをふっくら仕上げてくれるお店。

あなたならどちらを選びますか?


ダウンクリーニングならHIRAISHIYA



PROSHOP HIRAISHIYAはヘルノダウンの修理や色補正も得意

PROSHOP HIRAISHIYAはダウンの修理も得意です。


PROSHOP HIRAISHIYAでは、高級ダウンクリーニングを注文する方の約4割が修理や色補正を一緒に注文するそうです


高級ダウンの修理に関しては、70年以上の歴史あるリペア専門の職人がどんなご依頼にも対応しているそうです。


今まで、売っているメーカーでも修理不可と言われた案件も数多くこなしてきているので、どんな高級ダウンの修理も受け付けてくださるそうです。


実に頼もしいですね。

PROSHOP HIRAISHIYAの高級ダウン修理については以下の記事で解説されています。

ヘルノダウンの修理が必要な方など参考にしていただくといいかもしれません。


色補正について、PROSHOP HIRAISHIYAでも早くから染色の技術をマスターした国家資格の職人が色褪せてしまった高級ダウンや色を変えたいと思っているダウン等の染め代えを行ってきたそうです。


ヘルノダウンの一部が色あせてしまった、広範囲で変色してしまったといった場合に部分染めや染め代えを依頼するといいでしょう。

モンクレールの例になりますが、PROSHOP HIRAISHIYAの全体染め代えや部分染めに関して写真付きで記事を書きました。

福島のモンクレールクリーニングならあのお店にするべき6つの理由

この記事はこんな方におすすめ 福島県内でモンクレールクリーニングのおすすめのお店を知りたい方 料金は気にしないので安心して任せられるお店をお探しの方 アニメラベルが取れない店に出したい方 モンクレール ...

続きを見る


色補正だけでなく、PROSHOP HIRAISHIYAのモンクレールクリーニングについて解説しています。

あなたがモンクレールダウンもお持ちでモンクレールクリーニングしたい場合にも参考になるでしょう。


PROSHOP HIRAISHIYAの高品質の秘訣は職場環境?


PROSHOP HIRAISHIYAのおすすめポイントを見てきたところでもう少し深堀していきましょう。

PROSHOP HIRAISHIYAが高品質なクリーニングを提供できるのは、企業努力の賜物であることは言うまでもないでしょう。

それもあるのですが、ヘルノダウンを含めここまで多数のダウンクリーニングの実績を出せたのはPROSHOP HIRAISHIYAの職場環境もまた大きく影響しているのではないかと取材させていただいて感じました。

クリーニング工場というのは、アイロンなど熱のこもった機械を使うこともあり夏場は特に暑いそうです。

冷房をかけても、作業に使う機械の熱気と冷房の冷気が相殺されて熱いままだそうです。

渡邊社長は強力な冷房を導入して作業場が涼しくなったそうです。

職場環境が良くなり、作業に専念できて結果としてお店の業績につながったのではないかと思います。


PROSHOP HIRAISHIYAは現場主義!教育にも熱心


PROSHOP HIRAISHIYAは現場主義だそうです。

渡邊社長自らが現場に出られて作業されるそうです。

教育に関しても、渡邊社長が現場で直接従業員の方に教えておられるそうです。

渡邊社長が直接教えるので従業員の方々の成長が早いそうです。

ヘルノクリーニングで多数実績を出されたのも納得ですね。


PROSHOP HIRAISHIYAは信用第一のお店

PROSHOP HIRAISHIYAがどんなお店かということについてもう少しお話しさせてください。

渡邊社長からこんなエピソードを聞かせていただきました。


以前、イタリアで働かれていた方が現地で買った30万円するグッチのコートをクリーニングしたそうです。

あってはいけないことですが、そのグッチのコートが紛失してしまったそうです。

いくら探しても見つからなかったので、そのお客様に基準に基づいた賠償金を支払ったそうです。

賠償金を支払った後、そのグッチのコートが見つかったそうです。

賠償金はそのまま受け取ってもらい、追加料金なしで見つかったグッチのコートをクリーニングしてお客様にお送りしたそうです。


その後そのお客様はどんな反応をされたと思いますか?


なんと、クレームひとつ言わず、PROSHOP HIRAISHIYAをリピートするようになったそうです。

クリーニングの技術力も実績もさることながら、信頼もPROSHOP HIRAISHIYAの強みであると取材させていただいて感じました。

福島県内のヘルノダウンクリーニングおすすめのお店に関する記事まとめ

当記事のまとめ

  • 福島のヘルノダウンクリーニングはPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめ
  • 安さ重視・早さ重視の方にはPROSHOP HIRAISHIYAをおすすめできない
  • PROSHOP HIRAISHIYAには多数の実績に裏打ちされた技術力あり
  • PROSHOP HIRAISHIYAは宅配クリーニングなので福島県内のどこからでも利用可能
  • PROSHOP HIRAISHIYAは衣類のことを第一に考えて時間をかけて乾燥を行う
  • PROSHOP HIRAISHIYAは修理・色補正も得意
  • PROSHOP HIRAISHIYAは職場環境がよい
  • 渡邊社長が教育熱心なため従業員の方の成長が早い
  • PROSHOP HIRAISHIYAは信用第一のお店


当記事では、福島県内のヘルノダウンクリーニングはPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめだという話をしました。

取材の話も踏まえ、私なりにPROSHOP HIRAISHIYAの魅力について語ってきましたがいかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、あなたの大事なヘルノダウンをクリーニングするならPROSHOP HIRAISHIYAがおすすめです。

  • 染み抜きも含めヘルノダウンをきれいにしてほしい
  • ヘルノダウンをふっくら仕上げてほしい
  • ヘルノダウンクリーニングのついでに修理や色補正も頼みたい


PROSHOP HIRAISHIYAはあなたのこういった要望に応えてくれます。

あなたの大事なヘルノダウンをPROSHOP HIRAISHIYAに任せてみてはいかがでしょうか。

PROSHOP HIRAISHIYAでヘルノダウンをクリーニングする

-クリーニング