クリーニング

洗濯表示を見てウェットクリーニングできるか確認してみよう

洗濯表示を見てウェットクリーニングが
できるかどうか調べたい。

どの洗濯表示がウェットクリーニングできる
という意味なのかそしてどの洗濯表示が
ウェットクリーニングできないという
意味なのかわからない。

そういったことでお困りでは
ありませんか。

この記事では、洗濯表示の中で
ウェットクリーニングに関係するものを
主に解説します。

この記事を読めば、洗濯表示を理解し
ウェットクリーニングできる服と
できない服の判断ができるように
なるでしょう。

洗濯表示の前にウェットクリーニング
とはどういったクリーニング方法なのか
ということについてお話しします。

それから、同じクリーニング方法でも
ドライクリーニングとはどう違うのか
ということについても
お話しします。

そのうえでどの洗濯表示があれば
ウェットクリーニングできるのか、
そしてどの洗濯表示があれば
ウェットクリーニングできないのか
この記事を読んでご理解
いただければと思います。

もし時間がなければ、
目次を見て興味のある内容だけでも
読んでいただければと思います。

洗濯表示の話の前にウェットクリーニングについて

洗濯表示の話を始める前に、
そもそもウェットクリーニングとは何か
ということについてお話しします。

ウェットクリーニングとは
名前の通り衣類を水で洗う
クリーニング方法のことを言います。

水で洗うなら家庭用の洗濯機で
洗うのと変わらないじゃないか。

そう反論されるかもしれません。

ですが、ウェットクリーニングは
プロのクリーニング業者が
衣服を水洗いします。

この点が家庭で洗濯するのと
大きく異なります。

プロが水洗いするのと一般の人が
水洗いするのとで何がそんなに違うのか
と思われたかもしれません。

プロのほうが衣服をよりきれいに
洗えるというのはもちろんですが、
番の違いは家庭で洗えない
衣服を水洗いできるという点でしょう

例えば、スーツなどは家庭では
洗えないのでクリーニング店に
お願いしてドライクリーニングに
出しますよね。

スーツなど通常は水洗いできない
衣服を水洗いするのが
プロによるウェットクリーニングなのです。

家庭の洗濯機でスーツを洗ったら
型崩れ等を起こしてしまいますが、
ウェットクリーニングは
プロが水洗いしますので、型崩れを
起こすことなくきれいに
仕上がります

ただ、本来水洗いできないものを
洗う技術なので、ウェットクリーニングは
手間がかかり技術力が問われる
クリーニング方法です

そのため、ドライクリーニングよりも
割高になってしまいます。

なぜウェットクリーニングが必要なのか

スーツなどは通常ドライクリーニングに
出しますが、なぜスーツを
ウェットクリーニングに出す必要が
あるのでしょうか。

ドライクリーニングはミートソースなど
脂っこい食品の食べ残し、口紅などの
油溶性の汚れを落とすのが得意です

一方、汗やビールなど水溶性の
汚れを落とすのは得意ではありません

※油溶性は油に溶けやすい、水溶性は
 水に溶けやすいという意味です

ドライクリーニングでも
水溶性の汚れが全く落ちないわけでは
ないのですが、汗などが広範囲に及んで
しみつくと、落とすのは難しくなります。

そこで、ウェットクリーニングの出番です。

ウェットクリーニングなら汗など
水溶性の汚れを落とすのが得意
なので
汗ジミなどをあらっと流してくれます。

なので、夏など汗をかきやすい時期に
ウェットクリーニングは必要に場合が多い
のではないかと思います。

ウェットクリーニングとドライクリーニングの違いまとめ

ここまでウェットクリーニングとは
どんな特徴を持ったクリーニング方法なのか
ドライクリーニングとの違いを踏まえつつ
見てきました。

次にウェットクリーニングとドライクリーニングの
違いをまとめてメリットとデメリットについて
比較します。

ウェットクリーニングのメリット

  • 水溶性の汚れを落としやすい
  • スーツなど本来は水洗いできないものも洗える
  • ドライクリーニングにはないさっぱりとした仕上がりになる

ウェットクリーニングのデメリット

  • 油溶性の汚れを落としにくい
  • ドライクリーニングよりも割高になる
  • 技術力が問われるので店によっては差が出る場合も

ドライクリーニングのメリット

  • 油溶性の汚れを落としやすい
  • ウェットクリーニングよりも安い

ドライクリーニングのデメリット

  • 水溶性の汚れを落としにくい

また、ドライクリーニングの
洗濯表示についてはこちらの記事で
説明しています。

洗濯表示の意味を理解すればドライクリーニングできるか判断できます

あなたはこんなことで悩んでいませんか。 スーツなどを家で洗えないものを クリーニングに出したい。 スーツはドライクリーニングで 洗えるようだけど、自分が持っている スーツがドライクリーニングで 洗える ...

どの洗濯表示があれば
ドライクリーニングができるのか
またできないのか、
こちらの記事を読んでいただければ、
洗濯表示についてさらに
理解が深まると思います。

洗濯表示を見てウェットクリーニングできるかどうか判断しよう

ここまでは、ウェットクリーニングとは
どんな洗い方なのか、そしてドライクリーニングとは
何が違うのかということについて
話をしてきました。

次に、具体的な洗濯表示について
話をしていきどの洗濯表示があれば
ウェットクリーニングできるのか、そして
どの洗濯表示があればウェットクリーニング
できないのかということについて
説明していきます。

この洗濯表示は単純にウェットクリーニングできる
という意味です。

スーツなど家では洗濯できない
衣服にこの洗濯表示があれば
ウェットクリーニングに出すことが
できます。

この洗濯表示は弱い操作でウェットクリーニングが
できる
という意味です。

クリーニング店に出せば
洗濯表示に従ってウェットクリーニング
してくれるはずです。

この洗濯表示は非常に弱い操作で
ウェットクリーニングできる
という意味です。

この洗濯表示がついた衣服についても
クリーニング店が表示に従って
ウェットクリーニングしてくれるでしょう。

この洗濯表示はウェットクリーニング禁止
という意味です。

この洗濯表示がある衣服は
ウェットクリーニングに出さないように
しましょう。

【動画あり】実際にどんなふうにウェットクリーニングするの?

洗濯表示を確認して、ウェットクリーニングに
出せるかどうか判断できるのは分かった。

じゃあ、実際にどんなふうにウェットクリーニング
で衣服を洗ってもらえるんだろう。

そう疑問に思われたかもしれません。

そこで、実際にウェットクリーニングしている
様子をご覧いただきたいと思います。

こちらの動画をご覧ください

こちらは大手クリーニング店の
白洋舎の動画です。

白洋舎ではクリスタルクリーニング
という名目でウェットクリーニングを
行っている
ようです。

動画の中で、クリスタルクリーニングでは
7段階の洗浄方法から最適なものを
選んでクリーニングする
と述べられています。

また、品物によっては繊維保護剤を
使用する
と述べられています。

先ほど洗濯表示のところで見てきたように、
ウェットクリーニングできる衣服の中にも、
普通にウェットクリーニングに出していいもの、
弱い操作でウェットクリーニングができるもの、
非常に弱い操作でウェットクリーニングが
できるものがあります。

衣服の種類によって
洗浄方法が7段階に
分けられているので
白洋舎には安心して
ウェットクリーニングに
出せそうですね。

まとめ

今回は、ウェットクリーニングの特徴、
ドライクリーニングとの違いなどを 踏まえ、どの洗濯表示がウェットクリーニングできるか
またはできないという意味になるかという話をしました。

そして、白洋舎の動画を引用して
実際のウェットクリーニングの
様子も見てきました。

最後に今回の記事の内容を
まとめたいと思います。

  • ウェットクリーニングでは本来水洗いできない衣服を洗える
  • ウェットクリーニングは技術力が必要なので割高になる
  • ウェットクリーニングは水溶性の汚れを落としやすい
  • ウェットクリーニングは油溶性の汚れを落としにくい
  • ドライクリーニングは油溶性の汚れを落としやすい
  • ドライクリーニングは水溶性の汚れを落としにくい
  • ウェットクリーニングの洗濯表示は4つある
  • 白洋舎はクリスタルクリーニングという名目でウェットクリーニングを行っている

今回の内容は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-クリーニング

Copyright© あなたのクリーニング , 2021 All Rights Reserved.