クリーニング

ウェットクリーニングとは?家庭で洗うのと何が違う?特徴を解説

ウェットクリーニングとは
どのような洗い方なのか、
家庭用の洗濯機で洗うのと
何が違うのか、また
ドライクリーニングとは
どんな風に違うのか
気になっているのでは
ないかと思います。

この記事では、
ウェットクリーニングとは
何か、特徴やメリット
デメリットなどについて
解説します。

また、ドライクリーニング
との比較もして
ウェットクリーニングについて
より理解が深まりやすい
内容にしました。

時間がない場合は、
下の目次より
気になるところだけでも
読んでいただければと
思います。

ウェットクリーニングとはそもそもどんな洗い方?

ウェットクリーニングとは
そもそもどのような洗い方なので
しょうか。

名前からわかる通り水で洗う
方法です。

でも、それだけだと
家庭用洗濯機で洗うのと
違いがわかりませんね。

家庭用洗濯機で洗うのと
ウェットクリーニングとは
どのように違うのでしょうか。

ウェットクリーニングとは
プロが専用の洗剤や機械で
洗う方法です。

プロが洗うので家庭で洗うより
汚れをきれいに落とせます。

また、ウェットクリーニングとは
衣服のダメージを
できるだけ少なくして
水洗いする技術なのです

まだこれだけだと、
ウェットクリーニングとは
どんな特徴のある洗い方なのか
ピンとこないと思うので、
次に詳しく見ていきましょう

ウェットクリーニングとはどんな特徴をもった洗い方か?

ウェットクリーニングとは
どんな特徴をもった洗い方
なのか詳しく見ていきましょう。

水溶性の汚れを落としやすい

ウェットクリーニングとは
水溶性の汚れを落とすのが
得意な洗い方です

水溶性の汚れとは、
コーヒーや果汁、汗や
アルコール飲料など
水に溶けやすい汚れのことです

あなたも仕事の付き合いなどで
ビールなどアルコール飲料を
口にするとき、うっかりスーツに
こぼしてしまい、しみついて
なかなか汚れが落ちにくくなった
なんていう経験はありませんか。

また、夏場の暑い時期に
営業など外回りをしているときに
汗だくになってしまい、
スーツに汗ジミがしみついて
中々取れなくなってしまった
なんていう経験はありませんか。

そういったしみつきがひどく
家ではなかなか落としにくい
水溶性の汚れを落とすのが
得意なのがウェットクリーニング
なのです。

水溶性の汚れについては
こちらの記事で詳しく解説
しています。

水溶性の汚れの特徴や適したクリーニング方法を詳しく解説

自分の服について汚れが水溶性の汚れなのかわからない。 水溶性の汚れだった場合、どんなクリーニングで水溶性の汚れを落とせるのかわからない。 そういったことで悩んでいませんか。 この記事では、水溶性の汚れ ...

続きを見る

こちらの記事も参考に
してみてください。

スーツなど型崩れしやすいものも洗える

スーツなどは水で洗うと
型崩れしやすいので
家庭用洗濯機ではなかなか
洗いづらいです。

しかし、ウェットクリーニングとは
先ほども言ったように、
クリーニング業者がなるべく
衣服へのダメージを減らして
洗う技術です。

そのため、ウェットクリーニング
なら、スーツのように
型崩れしやすいものでも
洗うことができます。

ウェットクリーニングとは、
型崩れしやすいものでも
家庭用洗濯機で洗うよりも
きれいに汚れを落とす
技術力が高い洗い方なのです。

技術力が要求されるので店により差が出やすい

先ほど言ったように
ウェットクリーニングとは
技術力が高い洗い方です。

そのため、仕上がりが
お店によって差が出やすい
ようです。

最近は、スーパーの中に
クリーニング店がテナントで
入っているところも
多く見られるように
なりました。

ドライクリーニングなら
買い物のついでにスーパーの
中のクリーニング店で
気軽に頼むということも
できるかもしれません。

しかし、ウェットクリーニング
の場合はお店の見極めが
大切かもしれません。

また、ウェットクリーニングは
技術力のいる洗い方で
ドライクリーニングよりも
割高になります。

ドライクリーニングよりも
1,000円増しのところが
多いようです。

油溶性の汚れを落としにくい

ウェットクリーニングとは
水溶性の汚れを落としやすい
洗い方だというのは
これまで見てきた通りです。

一方、ウェットクリーニングとは
油溶性の汚れを落としにくい
洗い方です

油溶性の汚れとは
簡単に言えば油に溶けやすい
汚れのことです。

油溶性の汚れについては
後ほど詳しくお話しします。

ドライクリーニングとはどんな洗い方か?

ドライクリーニングは
ウェットクリーニングとは
違った洗い方になります。

多くのクリーニング店で
行われている洗い方ですが、
どんな洗い方か順を追って
見てみましょう。

油溶性の汚れを落としやすい

ドライクリーニングは
油溶性の汚れを落としやすい
洗い方です

油溶性の汚れとは
油に溶けやすい汚れのことを
いいます。

ミートソースや口紅、皮脂などが
例として挙げられます。

油溶性の汚れについては
こちらの記事で詳しく
お話ししています。

油溶性の汚れとはどんな汚れ?落とし方は?詳しく解説

油溶性ってどんな汚れなのか。文字通り油っこい汚れなのだろうか。 そんな疑問を持っていませんか。 この記事では、油溶性の汚れとはどんな汚れなのかということについてお話しします。 また、油溶性の汚れに適し ...

続きを見る

こちらの記事も参考に
していただければと思います。

有機溶剤を使って洗う

ドライクリーニングは水を
使わずパークロロエチレンや
石油系溶剤を使って
衣服を洗う方法です。

水を使わないので
スーツなど型崩れしやすい
服を洗うことができます。

本来は型崩れを防ぐために
有機溶剤を使うところ、
型崩れを防いで水で洗う
ウェットクリーニングとは
技術力が高い洗い方だと
改めて思えますね。

水溶性の汚れを落としにくい

ドライクリーニングは
油溶性の汚れを落としやすい
洗い方です。

一方、水溶性の汚れは
落としにくいです。

ドライクリーニングでも
水溶性の汚れが全く落とせない
わけではありません。

しかし、長期間しみ込んだ
汚れなどだと、
ドライクリーニングだけで
落とすのは難しいかも
しれません。

そういう場合は、
ウェットクリーニングを
検討したほうが
いいかもしれませんね。

ドライクリーニングに関しては
こちらの記事で詳しく解説
しています。

ドライクリーニングとは?家での洗濯との違いは?特徴を解説

ドライクリーニングとはどんな洗い方なのか。 家での洗濯とドライクリーニングとはどのような違いがあるのか。 普段の生活でこういった疑問は出てくるかと思います。 家で洗濯すれば安く済みますが、家で洗濯して ...

続きを見る

こちらもあわせて
参考にしていただければと
思います。

ウェットクリーニングとドライクリーニングの洗濯表示マークについて

ウェットクリーニングとは、
本来水洗いできないものも
洗うことができる洗い方
だというのは先ほど言った
通りです。

しかし、だからといって
なんでも洗えるわけでは
ありません。

ウェットクリーニングで
洗えるものと洗えないものが
あります。

ドライクリーニングについても
同様です。

有機溶剤を使うため、
型崩れしやすいものが
洗えるからといって
なんでも洗えるわけでは
ありません。

では、ウェットクリーニング
できるものとできないもの、
またドライクリーニング
できるものとできないものは
どのように区別すれば
いいのでしょうか。

衣服には、服の裏などに
洗濯表示があります。

その洗濯表示を見れば、
ウェットクリーニング
できるかどうかまた
ドライクリーニング
できるかどうかが
わかります。

以下にウェットクリーニング
およびドライクリーニングの
可否について示した
洗濯表示について
まとめます。

ウェットクリーニングの洗濯表示マーク

a. ウェットクリーニングできる

b. 弱いウェットクリーニングができる

c. 非常に弱いウェットクリーニングができる

d. ウェットクリーニング禁止

ドライクリーニングの洗濯表示マーク

a. パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる

b. パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる

c. 石油系溶剤によるドライクリーニングができる

d. 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる

e. ドライクリーニング禁止

ウェットクリーニングとドライクリーニング比較

ではここで、
ウェットクリーニングと
ドライクリーニングの
比較をしてみましょう。

まずは、ウェットクリーニング
の特徴は

ウェットクリーニングの特徴

  • 水溶性の汚れ(汗、コーヒーなど)を落としやすい
  • 水で型崩れしやすいものも洗える(あくまで洗濯表示に従う)
  • 油溶性の汚れを落としにくい

一方、ドライクリーニングの
特徴は

ドライクリーニングの特徴

  • 油溶性の汚れ(ミートソース、口紅など)を落としやすい
  • 有機溶剤で洗うので型崩れを防いで洗える
  • 水溶性の汚れを落としにくい(多少の汚れなら落とせる)

以上を踏まえると、
汚れの種類に応じて
ウェットクリーニングと
ドライクリーニングを
使い分けるといいですね。

簡単に言うと、

  • 水溶性の汚れならウェットクリーニング
  • 油溶性の汚れならドライクリーニング
  • あまりひどくない水溶性の汚れはドライクリーニングで様子を見る

という風に
使い分けるといいのでは
ないでしょうか。

まとめ

それでは、今回の記事の内容を
まとめます。

  • ウェットクリーニングは本来水で洗えないものも洗える(ものがある)
  • ウェットクリーニングは高い技術力が必要な洗い方である
  • ウェットクリーニングは水溶性の汚れを落としやすい
  • ウェットクリーニングは油溶性の汚れを落としにくい
  • ドライクリーニングは有機溶剤を使った洗い方である
  • ドライクリーニングは油溶性の汚れを落としやすい
  • ドライクリーニングは水溶性の汚れを落としにくい
  • ウェットクリーニングの可否は洗濯表示を確認すること
  • ドライクリーニングの可否は洗濯表示を確認すること
  • 水溶性の汚れならウェットクリーニングを
  • 油溶性の汚れならドライクリーニングを
  • 水溶性の汚れがあまりひどくなければドライクリーニングでも

今回の内容は以上となります。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

-クリーニング

Copyright© あなたのクリーニング , 2021 All Rights Reserved.